仕入れのこと

もう7.8年も前の話になるのですが当時はブックオフで本やDVDのせどりをしていました。一日に近所の数店舗を自転車で回り、棚の前でパカパカ携帯(ガラケー)でISBNを打ち込んで検索する。これを一日で数百して仕入れをして生計を立てていました。今はさすがに恥ずかしく感じるようになりやっておりませんが、当時はブックオフの値付けも大変あまく、大きく稼げることもありがんばっておりました。

日程的な都合が相方と合わせることが出来たときは車で地方の都道府県を数県、長ければ一週間くらいかけて回っていました。帰るころには車は仕入れた本で自分たちが座る場所以外は全て本とDVDなんてこともありました。アー懐かしー

今は仕入れは全てネットで仕入れを完了させています。電脳仕入れってことになりますかね。稀に近所の店などで仕入れ対象のものが買える状態があったりしますと直接店舗で仕入れすることもありますが。

今の主戦場がヤフオクとメルカリになり、この二つから仕入れをしています。ただメルカリはわたしの知識のあるカテゴリーには競合がたくさんおりまして、早いと出品後一分以内に売切れたりしてしまいます。こういった競合との競い合いが大変苦手なわたしは競合が活動しない限られた時間の中でだけ仕入れをしています。ヤフオクではそういったことから起こる摩擦はほとんどありませんのでオールタイムでのんびりと仕入れをしています。

ほんと競合と競い合うのが嫌なんです。ブックオフせどりをしていた時代でもすぐ隣の棚までせまってきたりなんかされたら、サッと別の棚に移動していました。なんなんでしょうかね。人と人との距離感が雑な人が苦手なのでしょうか。あーこれはまた別で書いたほうがいいかな、タイトル「仕入れのこと」だし。

amazonマーケットプレイスでの仕入れも可能ですよ。

定点チェックしていますと価格調整を明らかにミスして安くなっているものや、調整をほったらかしにして安い値段のまま放置されているものなど見つけられたら仕入れるようにしています。ただ出品者にキャンセルされることもよくあります。

「価格を間違っていました。ごめんなさい」と平謝りされて即キャンセル対応されます。この点に関してはどうかな?とも思うのですが、そういえば以前ありましたもんね、1万円のお肉を1000円で販売されていて結局間違いで店側がキャンセルにして大炎上みたいなことが。法律的にどうこうまで調べようとも思いませんし、どっちが正しくてもなんでもいいのですが、できたらわたしの時だけは間違った価格で仕入れできたらなぁって思います。自分だけ幸せならそれでもいい派。