在宅ワーカー わっふーの一日

わたしはこんな毎日を送っています。たくさん稼いでいる人はもっと規則正しい生活を送っていることと思いますが、中々自分のリズムを作って毎日を過ごせていません。

希望としては朝は10時ころに起きてスタートしたいのですが、

6時

家から10分の職場に12時から勤務する相方が11時家を出るため、6時に目覚ましをかけている。一度目の目覚ましで眠りが少し浅めのわたしはうっすら目を覚ます。

6時

かけているくせに6時に起きるつもりがない相方がここから30分間、目覚ましが鳴ってはスリープをひたすら繰り返す。わたしはこれで目が覚めてしまい、起きざるをえなくなる。

前日の夜寝るのが遅くなることの多いわたしは、睡眠不足なまま。そんなわたしに自分だけ規則正しい生活をゴリ押しで送ってくる相方は気分よく、弾丸トークを開始する。

寝不足なこともあり、相づちを打っているだけでダンダン疲労してくる。

11時

相方がやっと出勤し、自分の作業を始めだす。ここから夕方くらいまでぶっ続けで作業したいのだけれど、朝の6時から5時間という長さの独演会の後のため3時間くらいしたら眠気が襲ってきて、毎日ほぼ確実にやられてしまう。

14時

少しだけお休み・・・

17時

わたしの必要睡眠時間をやっと満たせたようで、元気ハツラツ。昼間とは違い、心地よいスピードで作業が進む。ここから3時間で一日の作業のほとんどをこなす事になる。

20時

21時過ぎに帰宅予定の相方のため、飯の準備だったり、部屋の片付けだったりを開始する。喧嘩になると「ご飯作ってって頼んでない!勝手につくってるだけだ。」と相方に言われ、作らないことを毎回決意する。でもお腹空いて帰ってくるんだろうなと思おうと知らない間に作ってしまっていることが多い。そんな気持ちも当の本人は全然気づく気配がない。仏の顔が何度までだと思っているんだろうか。

21時

相方帰宅。そう。もちろんそう。

ここからディナーショーばりの軽快なトークを、食事を挟みつつ3時間。

24時

明日の6時起きのために相方は就寝。わたしはまだ調べごとなどあるためPCに向かう。

26時

調べごとを終え、ひとっ風呂あびてやっとわたしも就寝

 

こんなリズムで毎日生活しています。もう少し仕事の時間をまとめて、自分のリズムもうまく作っていきたいなと思ったのもこのブログを始めたきっかけのひとつです。相方のせいにせず、自分のペースを、自分の仕事をきちんとやってのけれる強い気持ちを継続できるようにしたいです、なりたいです。

当分の間は自分のご飯しか作らない。