メルカリとヤフオクの購入者への対応 評価など 

メルカリとヤフオクそれぞれどんなイメージを持っていますか?

メルカリとヤフオクは利用している層がだいぶ異なっていると感じます。

少し大げさ目に書くわたしのイメージです。

ヤフオク

ネット利用歴が長く、ネット上でのマナーを知っている。

ヤフオクの利用に関しても熟知している。新規でもある程度知識を入れてから利用している人が多いと感じる。

30代以上の男性が中心なのでは。

メルカリ

スマホからのみのネット利用者がほとんど、ネット上のマナーなどはほとんど知らず、

メルカリの利用に関してもとりあえず使ってみるといった勢いで利用していたりして利用の仕方もいまいち知らない人も多々

20代の女性と10代の男女といった若い層が多い

 

これらの違いから購入者とのやり取りに関しても対応を変えています。一律同じように購入者への対応をしたいのですが「郷に入りては郷に従え」これが一番いいと思います。

ヤフオクとメルカリどのように対応を変えてるの?

ヤフオクに関しては利用歴が長い人が多いため、挨拶のタイミングなども簡潔ではありますがほどよくスムーズな取り引きを行えることが多いです。そのため少しマナーの悪い人は目立ちますが、ヤフオクの場合はありのまま相手に伝えます。同梱などは一度同梱を対応してもらえるのか出品者に問い合わせるのが通常なのですが、こういう所を飛ばしてくる人もいます。こちらに断りも一切なく、同梱を想定した金額をかんたん決済で支払ってしまう人もいます。このような場合は購入者に

「通常は一言入れてから行うものではないでしょうか?同梱はさせて頂きますが非常に残念です。次回以降のお取り引きはお断りさせて頂きます」

ここまではっきり伝えることにしています。ただヤフオクは購入者のほうもある意味素直で、横着していることは自分でわかっているのでほとんどが謝罪してきますし、一度このような事があると、2度目以降の取り引きはスムーズに行えます。

メルカリの購入者は違います。

利用者の層だけ変えて同じような出来事が起こったとします。

半分はその後円満に取り引きが完了する

半分は無言の悪い評価を入れられる

このような状況が起きえます。出品者側としては悪いこともしていないので釈然としないところもあるのですが、ここで悪い評価を入れてくる人は理屈は通じない人です。

感情のままに評価を入れてきます。

「横着したけどなんでそんなことまで言われなくちゃいけないの!!」

なんて感じです。取り引きは万事うまくいっていたのに、買った服が着てみると似合わなかった。評価普通。なんてこともあるような所であることを認識しておくべきだと思います。ですので事前に多少長文になったとしても購入者へ注意点などをフランクな文章でいいので伝えておくようにしています。その1回で後々何か問題が起こり、何度もやり取りすることにならずにすみます。

出品する側の方が知識はあるものですし、大きな懐で困った購入者でも相手をしてあげましょう。文章だけでもニコヤカな文章に。思いっきり文句いいながらタイピングしてガス抜きしましょうね。