ネットの稼げる転売情報では稼げない。もうひとつ先を見るようにしよう。

ネット上の稼げる転売情報はすでに稼げない状態のものばかり!!

稼げるという謳い文句には注意しましょう。

ネット上ではほんとうにたくさんの転売情報が流れています。

 

Aという商品を○○○円で購入してBという場所で販売して○○○円で売れました!!

 

このような一文よく見ませんか?

注意しましょうね。

ではどうすれば転売情報から売れる商品を見つけることができるのか?

稼げる人、その転売情報を記事にした人はもう一つ上をすでに進んでいます。

Aという商品をBという場所で販売する。

これではすでに稼げなくなった。もしくは楽しくなくなったということで、

Aという商品をBではなく、CとかDで売れないか?

Aという商品ではなく、Eという商品もBという場所で売れないか?

と様々なパターンで調べていって、すでに商品を仕入れているかもしれませんし、

販売も開始しているかもしれません。

 

もっと複雑に

AとBとCという商品をDという場所でXYZという形で販売できないか?

とまで考えているかもしれません。

 

そこまで考えている人たちが、もういいやとなった情報がたくさん流れているのです。

そのまま鵜呑みにして試してみても稼ぐことができない、もしくは非常に効率が悪い。

ということになっていることが多いです。

 

ですからこのような情報を見た場合に商品がいくらで売れたのかは必要ではなく、

公式になる部分だけ参考にするようにしましょう。

 

Aという商品を○○○円で購入してBという場所で販売して○○○円で売れました

の中の「○○○円で購入して」 と 「○○○円で売れました」

に関しては必要ありません。

Aという商品をBという場所で販売した。

さらにAとBも抜いてしまって

○という商品を○という場所で販売した。

という形にして、様々な商品とサイトに当てはめて考えていくようにしましょう。

もしくはAかBだけは残しておいて

Aという商品を○という場所で販売した。

○という商品をBという場所で販売した。

といった形にして色々入れ替えて考えるようにしてみましょう。

 

あくまで基本の考え方ですがつねに頭に入れておくといいと思います。

ネットの稼げる情報を鵜呑みにするのでは稼げません。がよっぽど用心深い人で無い限り、ヒントを残したままになっている場合も多々あります。

そのヒントをうまく見つけることができるように、いろんな角度から見てみるようにしてみましょうね。