間違った方向への努力は意味がないということ

努力は正しい方向に向かってするべき。

努力に正しいとか間違ってるとかってさ・・

少し前までのわたしの考え方としては間違った方向の努力なんてなくて、自分自身が信じて進むために努力すればよいという考えでした。そしてきっとそれは報われるのだと思っていたのですが。

正しい方向への努力。

正しい方向への努力とはどういうものなのか?と考えてみました。

例えばわたしのようなヤフオクやメルカリで生計を立てている場合は、いかに上手に利益を出すかということに関して、正しい方向に進んでいるのかということです。

やはり、ある程度のお金を稼がないと生活していけません。これに関しても自分を信じてやり続けることでいずれ結果が出ると思っていましたが、いつの間にこんな妄想にとりつかれていたのでしょうか。それを続けて結果が出せる人は一部の能力のある人だけですものね。

そこで今年に入ってからは利益を出すための努力をしていくことにしました。

仕入れる商品や仕事のルーチンまでかなり変化させることになり、大変でしたが、努力の方向を変えてから3ヶ月ほどたち、やっと体も慣れてきました。

正しい方向への努力の結果。

前回の記事でも一部報告致しましたが、かなり利益額が増し、仕事の時間は大幅に長くなってしまいましたが、努力の方向を正しいほうへ向けたことの結果がいくらか出たと思います。

わたしは正直食べていける分を楽に稼げたら、そこまででいいというタイプなのですが、そこまでしなくてもいいじゃんと思うくらい仕事してみるのも意外と楽しいものでしたし、利益額の増加という結果が出たことで、これまでいかに間違った方向へ努力していたのかと思い知らされました。

わたしとしては・・・・・

元来のさぼりぐせのあるわたしがいつまで毎日10時間ほどの仕事を続けることができるかわかりませんが、もう少しの間続けてみて、GW明けにでも少しゆっくり旅に出る計画でもたてて、それを目標にがんばっていきたいなと思っています。