ヤフオクで自動延長の設定し忘れた!ヤフオクで冷や汗が出る瞬間

ヤフオクの自動延長の設定忘れで超あせる!!

わたしの場合、自動延長は必須の設定です。

オークション形式での出品がほとんどのわたしにとって、自動延長の設定は必須となっております。自動延長にしない理由がないと考えています。先日は約80点ほど全ての出品に対して自動延長なしで設定して出品をしてしまっていたので、まああせりました。

ただ自動延長する?しない?の項目があるのですからしないことでのメリットもあるのでしょうと思い、少し考えてみることにしました。

ヤフオクの自動延長のメリット

二人以上の入札者がいることで競り合いが起こりますが、最高額入札の行ったり来たりが、入札者を白熱させるのではないかと思っています。自動延長していると終了時間ぎりぎりで入札が入ると終了時間が延長されることになります。意外な持久戦になることもあります。先日10時から11時の時間帯に終了予定の商品が、いつになっても終了しないので確認しますと、11時過ぎてもまだ入札を繰り返されておりました。結局その商品は日を跨いだ、0時30分くらいにやっと終了していました。わたしなら途中で根負けしてしまいますね。

あとは自動延長が続くことで入札を考えていなかった人の目にも留まる事がありますので、途中から思ってもいない入札者が現れるなんてこともあります。同じジャンルの商品を継続して出品しているとだいたいいつも落札する人が決まってきたりもしますが、その様な思ってもいない入札者によって、想定外の金額まであがってしまうこともちらほら起きたりもします。

ヤフオクの自動延長をしないメリット

正直ほとんど自動延長をしないという選択をする事がないので、今回自動延長の設定をし忘れて起きたことから。

自動延長をしていないと、例えば22時00分で終了となっているものはジャストで終了、

1秒でも遅くなると入札はできません。ですので落札希望の人たちはぎりぎり21時59分59秒で、いかに自分が落札できそうかという金額を入札することになります。

それまで1000円が最高入札額だったとします。

1100円とかで落札できればいいのですが、ぎりぎり1秒前で数人が競っていると仮定して、それぞれが何円で入札してくるかの思考の読みあいになります。

1101円を入れてくると読んだ人は1102円で入札をするでしょうし。といった具合がうまく絡むと、どうしても落札したい人が意外と高い金額で入札をしてくれていたります。

このような事がいくつかありまして、わたしの自動延長しわすれをいくらかカバーしてくれました。

わたしとしては・・・・

やはりオークション形式での出品の場合は自動延長は必ずしておくべきだと思います。

実際、し忘れたことで、予定より15パーセントほど落札合計金額が少なかったので、みなさんもヤフオクでの自動延長の設定はしっかりしておきましょう。