別荘地の中古戸建や中古マンションを買う前に注意しておくべきこと

300万で買える!別荘地の中古マンションや戸建を買う前に一度考えてみよう!!

別荘地は中古マンションや戸建が安く購入できます。

安かろうが今のわたしには買うことができませんが、物件サイトなどが好きなのでよく目に付くのが別荘地と思われる場所の中古マンションや中古戸建です。

これくらいなら頑張れば購入できるんじゃ・・なんて思ってしまう価格でとてもびっくりします。ただ色々と注意しなければいけないポイントがあると思うのです。

購入を考えているひとはきちんと考えましたか?

 

別荘地ならではの考えられること。

別荘地。みんな都会の喧騒を離れて自分自分の好きな空間を持ちたいと思って別荘地に住居を購入すると思うのですが、そこでしたい生活スタイルはみんな大きく違います。

極端な例を挙げていきたいと思うのですが、

朝から優雅にコーヒーを飲みながら一日中クラシックを聞いていたいひと。

都会のマンションでは隣近所に響くため弾けなかったエレキギターを思う存分弾きたいと思っているひと。

これらの人が隣り合ったとしたらどう思いますか?

クラシック聞いてたら、隣からエレキの音がギンギンに聞こえてくる。こんな環境の壊され方もあると思うのです。

わたしなどは音楽は必要なく静かな環境を求めるタイプですので、隣近所にこれらのひとがいたらと思うとゾッとしてしまいます。

でもしょうがない。別荘に求めることはひとそれぞれ違うものですし。ただもめる原因にはなるかと思いますね。

管理費と共益費が以上に高い。

わたしが見ていたとある中古マンションですが、300万円と激安なのです。

1LDKで一人だと十分な広さもあります。

ただ管理費と共益費を足すと4万円近くになるのです。

別荘地やこの類の中古マンションがある土地はほとんどが田舎です。交通も不便なところが多い。4万円も出せばその土地で普通に賃貸できるんです。

じゃあ300万円はいったいなんなのだろうってなりますよね。

今後の超高齢化社会も考えて・・・・

普通に考えると今購入するべき物件ではないのでしょうね。

今度このような物件はさらに増えていくでしょうし、自分自身が高齢者になったとき、

その場所が適当であるのかをしっかり考える必要があると思いました。

都会の人ごみの中から離れて静かな田舎に暮らしたいと思う人は多いと思うのですが

休日に旅行で行く程度のほうがありがたみがあってよいのかもしれません。