メルカリやヤフオクのクレーマーにどこまで対応すればいいの?最後は運営に投げちゃいましょう

 メルカリやヤフオクのクレーマーに対応するとき。

メルカリにもヤフオクに一定数存在しています。

メルカリやヤフオクだけではなく私生活でもクレーマーというのは一定数存在していますよね。実は身内がクレーマーだなんてひともいるかと思います。

隙間時間でメルカリやヤフオクに参加しているひとにとってはこのクレーマーとのやり時に必要とする時間はどうしても減らしたいところです。どこまで自分で対応するべきなのでしょうか。

クレーマーのクレーム内容をしっかり把握しよう。

例えば、自分が出品した商品に対して購入者からクレームが入りました。

商品の一部が壊れていた。商品説明欄に記載がされていない。

このような時、もちろん商品説明欄に記載を忘れていた自分のミスです。

出来る限り真摯に対応するべきですよね。

クレーマーがつけてくるクレームの全てが悪いことではありません。自分が反省すべき点を指摘された場合はもちろんこちらのミスを認めて丁寧な対応をしましょう。

ですので何の点で相手がクレームをつけてきたのかをしっかり確認しましょう。

 

クレーマーのクレームが飛躍してきた場合。

上記のようにこちらのミスで商品説明欄に記載のない壊れた部分があった場合は、返品も受け付ける必要がありますし、もちろん返送にかかる費用の出品者側が負担する必要があります。メッセージ上はできる限り丁寧に謝罪しましょう。

やることはここまでで結構だと思います。

この先が続き場合があります。

例えば、この商品を使う予定だったのに壊れていたので使えなかった。どうしてくれるんだ、って来ることがあります。

わたしが以前あったのは「商品を待っていた間の時間を返してくれ」といったことも。

その他、壊れた商品を売りつけたんだから、新品を購入して渡せ!なんてことも起きているようです。

ここまで飛躍した場合は、すぐに運営に投げてしまいましょう。

メルカリは結構早く対応してくれますし、ヤフオクに関しても以前に比べるとしっかりと対応してくれます。

利用している場のジャッジの存在である運営にどちらに非があるのかを判断してもらいましょう。それぞれの場によってどこまでが自分がするべきことであるか違いがありますので、運営に判断してもらって自分がすべきラインを見極めるようにしましょう。

わたしとしては・・・・

クレーマーがいなくなることはありません。

でもクレームを出来る限り減らすことは出品者側としてやるべきことだと思います。