どこまでが接客業??

どこまでが接客業なのか線引きってあるのかな??

20代は接客アルバイトをしていました。

因縁をつけてくるお客さんにも会わずに過ごせたのはラッキーだったのでしょうか。

 

現在ではブラックと言われる接客業ですが、わたしは嫌いではありません。

 

ずいぶん前の記憶になりますので、一部美化されている部分もあるかもしれませんが

 

意外とお客さんに好かれるタイプでして、男女ともに可愛がって頂いた思い出が

 

たくさんあります。中国地方の温泉に連れて行ってもらったり、休憩時間や

 

勤務時間の終わりに合わせてもらって、うなぎや焼肉をご馳走していただいた事も。

 

お客さんとお付き合いしたこともあります。イカガワシイお店ではないですよ。

 

普通にプールバーでホール兼、バーテンなどのアルバイトをしていた頃です。

 

お客さんと直に会話のやり取りをすることが複数回あるのなら、もちろん接客業

 

といっていいと思うのですが、ではそれ以外は接客業ではないのでしょうか?

 

 

例えば宅配のドライバーは??

求人情報誌などには職種はドライバーとして募集がされていると思います。

 

ただ、これもわたしからすると、しっかりとした接客がいる仕事だと思います。

 

運ぶ荷物は誰に渡すんだってことですよね。お客さんです。

 

その時に多少の会話も交わすでしょう。荷物を気持ちよく届けてこそだと思います。

 

その際は、接客業としての気持ちを持つことが非常に大事だと思います。

 

わたしの所に荷物を持ってくる、各会社のドライバーもさまざまではありますね。

 

しっかりした挨拶を毎回してくれるひとにはペットボトルのお水を差し入れすること

 

にしています。

 

もちろん中にはいますよ。中小の宅配業者ですが、ガムを噛みながらやってくる、

 

昔ながらの宅配のおじさんみたいなひとも。まあ横着でないのなら問題なしとしてます

 

歯医者さんって接客業??

わたしが少なからず戸惑っているのがこれです。  歯医者さん。

 

今ではコンビニの数よりも歯科の数は多いそうですね。

 

そんな中、歯医者さんも接客業としてのサービスが必要となってきているのでしょうか

 

数年ぶりに通っている歯科で少し戸惑っています。

 

麻酔なんかすると痛いときもあるじゃないですか。それで痛ければ手を挙げますよね

 

その行動に対して、昔の歯医者なら無言で一回止める程度。

 

それが今は軽く謝られる。しかも歯の治療順序なんかもこちらが決めることができる。

 

麻酔を多めにしてもらうなんてことも可能ですしね。

 

質問への受け答えもとても丁寧。子供の頃麻酔打ったばかりで効いてもいないのに

 

がりがり削りだした歯医者とは比較にもなりません。

 

で何が言いたいのかというと・・・・

自分でもわからなくなってきましたが、お客さんといずれの形であっても接する機会が

 

あるのであれば、それは接客業としての立場をとって行動をしなければいけないと

 

思うのです。別に患者と接する医者が媚びないといけないわけではないですよ。

 

自分の顧客となってもらうために丁寧な対応を取るということが接客ですよね。

 

今後の診察の方針などを患者のみになって考えてくれる医者にお願いしたいですし。

 

逆にコンビニのような接客業のほうが接客業としてのスキルを生かすポイントが少ない

 

職種なのではないかなと思います。

 

商品を売り込む必要がある接客業はしたくないけれど、また機会があったとしたら

 

接客をしてみたいなとは思っています。