店先で座って休憩しながら客を待つ行為が信じられない。

店先で座ってて、客がきたら「何にしましょう??」

時代とともに色々と変わるものですが・・・

記事のタイトルそのまま。

 

店先で座って休憩をしながら客を待って、客が来たらよっこらせのスタイル。

 

これ大嫌いです。

 

地方の商店街が寂れていくのはこれが原因なんじゃないかと思うほどです。

 

まあこういうところにはわたしは行きません。

 

今日もですね、最近オープンしたらしい個人経営の小さなパン屋さんがあるとのことで

 

伺おうとしたのですが、座ってコーヒー飲みながら外を見てる店員らしいひとが。

 

で寄らずに帰ってきたほどです。

 

 

開店中は休憩を座るのも許されないってことではありません。

誰もいない中、ずっと立ってろと言いたいのではありません。

 

まあ営業時間内の決まった休憩時間でないのなら立ってて当たり前だとも思いますが、

 

別に座ろうが休憩しようが構わない。

 

その姿を客に見せるなってことです。ちょっと奥で見えないように座ってるとか。

 

今時店番しながら休憩するから座ってていいじゃん。って個人のお店でしか

 

通用しないことないでしょうか。

 

まあそういうスタイルの経営してるところのひとは、

 

「なんで客もいないのに立ってないといけないんだ!!」みたいなことでしょう。

 

いや、座ってもいいけど、衝立の裏で座って、客来るか覗いとけってこと。

 

販売業はサービス業ではないって感覚。

これなんじゃないだろうか。

 

物を売ってるんです。 サービスを提供するとこじゃないです。

 

正直今の世の中、配送のドライバーさんであったり、歯医者の先生であったりしても、

 

顧客との対応に関してはサービス業と変わりないものとなってきているのに。

 

買って頂いている、買って頂くって考えではないのでしょうね。

 

売ってやっている。あっちが買いに来ているだけ。

 

こんな感覚なんでしょうか。

 

こんな感覚で商売をしているひと達が、近くにイオンが出来たからうちの店が潰れる。

 

とかなんとか騒いでるとしたら大違いですね。

 

時代に乗り遅れて淘汰されていくひと達。

わたしも長い間、ヤフオクやamazonマーケットプレイスの出品者をしているので、

 

多少理解できていると思うことは、同じ事をしていたらそのうち稼げないということ。

 

10数年前に高額で売れた商品は、今現在ほとんど価値がないものになっていますし、

 

(もちろん一部はさらにプレミア化して値上がりしているものもあります)

 

郵便局やクロネコヤマトの値上げで当時の送料では発送もできません。

 

今わたしが扱っている商品も、来年は同じ売り方では売れなくなってしまうでしょう。

 

そのあたりを、とても敏感に察知していかないといけないと思うのです。

 

高度成長時代に商売をはじめて、店先に商品を並べておけば、勝手に売れていくみたい

 

な時を過ごし、それが当たり前だと感じて今に至ったひと達が淘汰されていく。

 

しょうがないことだなと思います。あぐらかいてたんだし。

 

自分への戒めとして・・・・

稼げなくなってしまうのは、時代のせいでもなくイオンのせいでもない。

 

己のさぼりぐせのせい。 日々、勉強。