メルカリとヤフオクを楽しもう。

メルカリやヤフオクで稼ぐ方法、楽しむ方法を、ヤフオク歴15年以上の私がお伝えいたします。

甘エビの唐揚げ食べて耳鼻咽喉科で手術

耳鼻咽喉科で手術しました。原因は甘エビの唐揚げです。

f:id:roudoushinai:20190106034055j:plain

 

今日の午後に手術をしました。

わたしの住んでいる所は食品スーパーが結構多いんです。

 

自転車で片道5分程度の距離に5件ほどあります。

 

数ヶ月前からその中の1件のお惣菜コーナーだけで売っている甘エビの唐揚げを

 

ちょこちょこ買うようになっていたのです。  おいしいの。

 

今日別のスーパーでも甘エビの唐揚げを売り出していたので、早速買ってみました。

 

揚げ具合もやはり全然違っていて、

 

カラッ サクッ

 

がとてもよく、朝から何も食べていなかった日の午後3時。

 

勢いよく、甘エビの唐揚げを食べていました。すると・・・・

 

魚の骨が刺さった時と似た痛みが・・・・

 

やってしまったんです。確実に刺さってます。

 

カラッとサクッと揚げられた甘エビの唐揚げの一部が喉に。

 

鏡では見えませんが、指を突っ込むと触ることができました。

 

親指と人差し指を口の中に入れて、刺さっている甘エビの

 

ひげか殻かわからないものつまんで抜こうとしたら・・・

 

少し取れたけど、途中で折れてしまった!!!!!

 

まだ確実にいます。

 

魚の骨が刺さったときにご飯とか飲み込むのが良いとかいいますが、

 

途中で折れてしまったら、刺さった部分残ったままになるじゃないか。

 

どうしたらいいんだと。

 

ネットで調べるとこういう場合は耳鼻咽喉科に行けば良いとのこと。

 

早速近所の耳鼻咽喉科へ電話をすると、いらしてくださいとのこと。

 

午後の診察時間の開始を待ち早速耳鼻咽喉科へ。

 

 

耳鼻咽喉科の受付にて・・・・

甘エビの唐揚げを食べて、喉に何か刺さったことを伝えると、

 

先日の喉に何か刺さったひとがしっかり取ってもらったとのこと。

 

多分大丈夫ですよと言っておられたのでなんとかなりそうな気がしてきた。

 

いざ診察。

 

60前後の会話が少したどたどしい医者がのどに棒を突っ込んで刺さっている

 

場所の確認をする。

 

舌の奥の方を押さえられるためにえずくえずく。

 

何度となるエズキをこらえつつ、やっと場所を確認できたようで、

 

ピンセットで抜きにかかる。

 

 

ちょっとだけ取れる

 

いやさあ、出てる分だけ取れて奥は刺さったままになるのが嫌だから、

 

耳鼻咽喉科に来たんだし、最初に一部折れてしまったのも言ったじゃないか。

 

もちろん、まだ刺さっていて違和感があるので、その旨を伝えると。

 

麻酔かけるとのこと。

 

これによってエズキが少しましになるらしい。

 

別のイスに移らされて、麻酔がかかる透明でとろとろのものを口へ入れる。

 

舌の上でころころして、最終的には飲み込むらしい。

 

そうすることで麻酔が効くとのこと。

 

最初は甘さが少しついていたため、おいしくさえ感じたのだけれど、

 

時間が経つに連れてまずいことまずいこと。

 

時間が少し経ち、がんばって飲み込んだ頃に再度口に棒を入れてピンセットで

 

抜きにかかる。

 

舌を押さえる棒を入れる時に唇にガンガン当ててくる医者を耐えていると、

 

また少し取れたらしい。

 

どうですか?と聞かれるが、麻酔が徐々に効いているためわかりにくし、

 

少し痛みがあるが、刺さっているものが原因で痛いのか、

 

治療が理由で痛いのかわからない。

 

 

 

この耳鼻咽喉科での治療を諦めた・・・・・

どこに行っても一緒なのかもしれないけれど、

 

わたしはこの耳鼻咽喉科での治療はここまでにしたいと考えた。

 

 

「まだ刺さったままの部分がある場合抜けていないままだとどうなりますか?」

 

と質問した。  すると、

 

「刺さったままだと炎症がおき痛みが出てきます。で膿んできます。

 その膿と一緒に押し出されることもあります。」

 

とのこと。

 

「わかりました。じゃあちょっと様子を見てみます」

 

とわたしから言って治療が終わった。もちろん違和感はそのまま。

 

 

さて今回の治療費は・・・・

 

7160円です。

 

 

おおーーい。たけーーよ。まだ抜けてもねーーよ。

 

用紙を確認すると、

 

手術2000点

 

麻酔をかけて、棒で口もとをどつかれながら、刺さっている一部をとるだけの

 

治療はなんと手術に当たるものだったらしい。

 

一応ネットで検索をしてから行ったので、治療費が高くなる可能性は

 

知った上で行ったのだけれど、あれで手術扱いになるのかとちょっとちょっとね。

 

 

今もなおわたしの口の中は・・・・

 

手で触ってわかるところに、きちんと甘エビの唐揚げの一部が存在しています。

 

触るとチクチクと指に感覚があります。

 

右側に刺さっていて、左の同じ場所触ってもチクチクする場所ないからね。

 

多分それが甘エビの唐揚げ。

 

 

しばらく放置して膿と一緒に出てくるのを待とうかな。

 

7000円は結構大きいな。

 

 

受付のおばさんたちはみんなフレンドリーでとても良かったのだけれども、

 

あそこの耳鼻咽喉科にはもう行きたいくないし、

 

 

甘エビの唐揚げは二度と食べない・・・・

 

次回の記事は、「鼻血で救急搬送」です。

そうそう言い忘れてました。現在本厄中。