愚痴は笑いに変えてから話すとハッピーになれます。

愚痴を笑いに変えてみんながハッピーハッピー!

f:id:roudoushinai:20190125010053j:plain

 

愚痴ってほんとに聞きたくありません。愚痴りたい時があるのはわかるけど。

悪口をそのまま言うだけの話って好きじゃないのです。

女性の愚痴は黙ってうなずくだけでいいなんてことも良く聞きますよね。わたしはそれが全くできない人で、運よくこれまでそういう女性にほとんど会うことがなくきています。

 

ただ1度だけ愚痴を言わずにいれない女性に、愚痴を辞めるか、愚痴を言うなら解決しようって言ったことがあったのですが。そうすると、

「●●くん、もてないやろ」の一言から始まり、

恐ろしいくらいの人格攻撃を返してこられたので愚痴聞きは二度としたくはありませんね。

 

女性のオチのない話を「うんうん」「そうなんだー」って聞いてあげることができる男性はもてるといいますが、愚痴聞くくらいならもてなくてもいいかな。あれは地獄の時間に感じましたね。男性ならわかる人もいるかな。

 

もちろん愚痴は男性でもいいます。上司のこと、家族のこと。愚痴を言いたくなる気持ちはわかりますが、少し話し方や伝え方を変えることで愚痴を言うほうも、聞くほうも最後は楽しい気持ちで終われるようにしてみませんか?

 

 

愚痴を話すときのポイント

子供の頃から引越しは関西圏内で数回していますが、ずっと関西在住。

笑いの大切さは実感しています。愚痴に足りないところって笑いだと思うんです。

イメージは、キム兄とかジュニアの「考えられへん!」みたいな。

愚痴なんて話すほうとしても正確に伝えたいわけでもないんです。

とりあえずこんな感じのことがあってというのを愚痴りたい。

例えば、残業したあとに遅れて参加した飲み会にて。

愚痴「会社でさ、就業間際に突然上司から残業しろって言われてさ、

 そこから3時間残業。たまらんかったわ。」

 って言われたら、聞く側としたら、

聞く人「そうなんやー 3時間は大変やなぁ・・・」

みんな「・・・・・・」

って暗い感じで、なぜかみんな上司に残業させられた気分になって終ります。

そこをデフォルメして、

愚痴「会社でさ、就業間際に声かけられたから何かなと思ったら

 残業してくれって言われてさ、」

愚痴「えーーー!(ジュニア風)ってなったんやんか。」

愚痴「そこから結局3時間残業やで。考えられへんやろ!(キム兄風)」

これに3時間あったらの例え話なんかつけれたらなおベスト。

聞く人「まじか!最悪やなー!」

愚痴るほうのテンションにのせられて同調してるんだけれど、ちょっと悲惨さがおもしろいのでテンションがいい方向に上がっている感じ。

 

このやり取りがおもしろいかは別にしてね。素人の例えだよ。

f:id:roudoushinai:20190124201518j:plain

 

 

これベストだと思うんです。愚痴を終えたあとの空気の差がかなりあると思いませんか。デフォルメして愚痴れば、このあとみんなで肩でも組みながらショットガンでもやりそうな空気になるかもしれません。

でも愚痴をそのまま言ってしまったら、ガード下にある吹きっさらしのおでん屋で熱燗ですよ。

f:id:roudoushinai:20190124201601j:plain

愚痴を聞く人を不幸にしたい?

自分の不幸な、不運な話を誰かにする訳です。多分近しい人になると思うのです。その人に同じ気持ちにさせる事ってないんじゃないかなと思います。残業したしんどさをただただ伝えるだけでなく、多少のデフォルメを加えて近しい人に話すことで、愚痴ってストレス発散、聞いてる方の笑顔見れてハッピーな気分。

 

わたしも実際していることです。

たまに盛りすぎた話をしてしまい、逆に

聞く方「なんか楽しんでるやん!残業したかったんちゃうん?」

愚痴「そんな訳ないやろ!」

みたいに、実は楽しんでると勘違いさせてしまう事もあるので

 

話の盛りすぎは注意してくださいね。