好かれる大阪人と嫌われる大阪人の違いとは?「笑いの取り方」に違いあり

他府県の人から好かれる大阪人と嫌われる大阪人の違い

 

f:id:roudoushinai:20190219031940j:plain

お笑いの文化が根強くあり、正直くせの強い人が多い大阪人。関西人ではなく、大阪人です。私は滋賀県生まれ、大阪育ちの京都在住なのですが、関西人と大阪人は大きく違うと思います。

 

同じ関西圏でも在住している京都で「大阪人だけは嫌」って声も聞いたりします。それほど嫌わなくてもと思うのですが、通常でも他府県から嫌われる大阪人だった場合は京都ではさらに嫌われるだろうなと思います。なぜ京都ではさらに嫌われるかは後ほど。

 

わたしが思うに、好かれる大阪人と嫌われる大阪人の違いは「笑いの取り方」にあると考えています。これを間違うと他府県の人には絶対嫌われてしまいます。ではその「笑いの取り方」の違いについて解説したいと思います。

 

結論から言いますと嫌われる大阪人は大阪でも寒いやつと思われています。

 

 

好かれる大阪人の「笑いの取り方」

好かれる大阪人は自分をネタにして笑いを取ります。自分の短所だったり、これまでの自分の大失敗のエピソードなどを話すことで笑いを取ります。そうすることで、「おもしろい人だな。」「バカなやつだな」と思ってもらえる。自分自身を下げることで笑いを取るのですね。これが王道だと思っています。

 

嫌われる大阪人の「笑いの取り方」

好かれる大阪人に対して、嫌われる大阪人は他人をいじることで笑いを取ろうとするのです。他人の短所などをおもしろおかしい言い方をして笑いを取ろうとするのです。他人を下げることで笑いを取る。これが問題なのです。他人を蹴落として、蹴落として自分をおもしろくしようとするのです。最悪ですよね。

 f:id:roudoushinai:20190219031700j:plain

他人をいじるには信頼関係が重要

いじる人といじられる人の間に信頼関係があるのであればいいのですが、嫌われる大阪人はそこを理解していません。信頼関係があまりなくても大阪人同士だったり、お笑いが好きな人同士であれば多少の理解は得られるとは思いますが。

 

ただ笑いをそこまで好きではない人や他府県の人からすればそれは、いじりではなくいじめにもなりかねます。だって人の短所で笑おうってするのですからね。いじってもらうことが面白いと考えれる人は極少数です。

 

 

嫌われる大阪人は笑いを理解していない寒い人

テレビでとかでのいじりって基本的には信頼関係のある人間同士でやっていますよね。そのような関係がない場合でも、その番組を盛り上げようとするメンバーの一員として出演をしているからこそ、他人をいじって笑いをとっても許されるのです。

 

京都で何度も聞いた「大阪人嫌い」発言。それもそのはずですよね。京都の文化は表面的には人を立てる気遣いの文化です。そんな中に大阪人が、土足で入ってきていじってくるのです。それは堪りませんよね。

自分をいじって笑いを取りましょう。

好かれる大阪人であるためには自分をネタにして笑いを取るようにしましょう。他人をいじって上手に笑いを取れるのはプロだけ。素人が他人をいじると相手を傷つけてしまうだけですよ。