メルカリとヤフオクを楽しもう。

メルカリやヤフオクで稼ぐ方法、楽しむ方法を、ヤフオク歴15年以上の私がお伝えいたします。

ヤフオクでしっかり把握しておくべき事に関する記事まとめ
メルカリ関連で読んで欲しい記事まとめ
メルカリの圏外飛ばし対策
クリックポストの発送に利用している封筒をご紹介します。

LINEPayの春の超Payトク祭で還元上限5000円取りきったので感想を書きますよ。

LINEPayの春の超Payトク祭の還元上限取りきったよ!

f:id:roudoushinai:20190320081426j:plain

 

3月15日の金曜日から始まったライン春の超Payトク祭ですが、還元上限額が5000円となっていました。還元%が20%となっていたので、利用金額にすると25000円になります。

これ以上はマイカラーに準じた通常通りのポイント還元となります。もらえるくじも同時に開催されていましたので、利用金額25000円で還元の上限額5000円を取りきったところまでもらえるくじでの当たり具合も含めて、どのような感じだったかを書いていきます。

結果から言いますと、

 

春の超Payトク祭ともらえるくじの合計で9000円程度のポイントを獲得できた。約40%のポイント還元に相当する。

 

もらえるくじは100円の利用でも当ることがあるが、20回以上の買い物からは当りずらくなる可能性も考えられる。

 

 

 

春の超Payトク祭ともらえるくじの合計還元ポイントは?

春の超Payトク祭では25000円ほぼきっちりを使い、MAXの5000円分の還元を取りきりました。もらえるくじに関しては25000円を使い切るまでに、合計4350円分当りを引くことができました。

 

合計すると9350円分の還元を受けることができました。

25000円利用で9350円還元となり、約40%の還元率となります。これは非常に大きいですよね。

 

今回はJCBが使えるところであればどこでも20%の還元を受けることができたので大変便利でした。25000円分までしかこの還元率が反映されないのであっという間に使い切ってしまいましたね。次回はもっと上限金額を上げて欲しいですね。

 

 

もらえるくじは細かく使いすぎないほうがよい?

もらえるくじの感想ですが、一番よいのは1000円から2000円程度の買い物に利用する。そして春の超Payトク祭の上限金額25000円までに、20回程度もらえるくじを引くことで当りを引ききることができるのではと思いました。

 

今回の春の超Payトク祭で利用範囲が広がったのは日常の支払いにLINEPayを落とし込むのが目的だったと思います。それから考えると1000円から2000円という普段から使っているような金額ごとの想定がされていたのではないでしょうか。

 

amazonギフト券100円分100回、200回と購入したひともいるようですが、そのようにamazonギフト券をを購入して春の超Payトク祭の上限金額25000円分を購入した場合でも、1000円とか2000円の買い物をした場合でも、最終的な還元金額の合計はあまり変わらないのではと思っています。

それなら通常通りの買い物をしたほうがはずれを引く回数も少なく、楽しくもらえるくじを引けるのではないかと思います。

春の超Payトク祭ともらえるくじのベストな利用方法は?

一度の買い物で1500円程度の支払いをするところで利用するのがベストではないかと思います。そうなると普段のスーパーやコンビニでの買い物。書店での書籍購入などがよいのではないでしょうか。

 

JCBが使えるところならどこでも今回の春の超Payトク祭の還元を受けることができたのであっという間に還元上限まで買い物してしまった人も多かったと思います。次回同じようなキャンペーンがあるとしたら倍くらいの上限を期待したところです。