メルカリで現金を販売して逮捕者がでたよ。 計4人 出資法違反容疑とは?

メルカリで現金を販売したとして逮捕者でた!!

メルカリで現金を額面以上で販売していた人が逮捕されました。

最近はすっかり見なくなりました、メルカリでの現金の販売。それを行っていた人たちが逮捕されたようです。あっさりざくっと内容をお伝えいたします。

 

メルカリで現金を販売、出資法違反で逮捕

メルカリで以前よく出品されていました、現金10万円を11万円で出品しているものがありましたよね。このような方法で利益を出していた人が逮捕されたようです。

容疑は出資法違反の疑いとのことですが、なぜメルカリでの現金の販売が出資法違反になるのかを簡単にしますと、

①10万円を販売したのではなく、貸し付けた。

②貸し付けたことで11万円が手に入った。

③この取り引きで出た利益が1万円になった。

④この1万円が貸付による利益なので利息と捉えられた。

⑤10万円の貸し付けに対して1万円の利息は、違法な高金利

⑥闇金融と同じようなことしてるね。出資法違反で逮捕です。

 

このような流れのようです。なんとなくわかって頂けましたでしょうか?

まあ実際クレジットカードの枠を現金化するために使われていた面がおおいにあったと思いますので、今回の逮捕のように、貸付ととらえられてもしょうがないですよね。

実際、法定金利の3倍から8倍を超える利息に相当するとのことです。

メルカリにばれないように隠語も使っていたようで・・・

メルカリ側もチェックをしていましたので「諭吉」や「紙幣」などのキーワードはすぐ削除されますので、ばれないようにするために、「銀貨」という単語を隠語として使っていたようですね。

逮捕された4人以外もたくさんの人が出品していたと思いますので、この4人は特に稼いでいた人たちなのかもしれません。逮捕された人が出資法違反に当たるとわかっていたのかは定かではありませんが、どうなのでしょうか。

わたしとしては・・・・

少し考えれば危険なことだとわかる気もしますが、少し前のメルカリはなんでも出品できる無法地帯でしたので、「現金の出品」に関しても予測できるものだったのかもしれません。今回のような完璧にブラックな出品物はしっかり削除してなくしていってほしいですね。子供からお年寄りまでみんなが安心して使うことができるフリマアプリとしてメルカリを確立してほしいと思います。