メルカリとヤフオクを楽しもう。

メルカリやヤフオクで稼ぐ方法、楽しむ方法を、ヤフオク歴15年以上の私がお伝えいたします。

ヤフオクの新規アカウントは嫌われる。 3つのパターンがありますよ。

ヤフオクの新規アカウントは嫌われます。なぜ?

f:id:roudoushinai:20190208123753j:plain

誰しもスタートは新規アカウントです。そこから取引を繰り返していく事で、良い評価を積み重ね安心して取引できると思ってもらえるアカウントになるのです。良い評価は簡単に増えます。

 

ヤフオクの良い評価というのは、普通に取引をこなしていればいいだけです。特別相手に丁寧に対応する必要はありません。何の問題もなく取引が終了すれば、良い評価をもらうことになります。

 

ではなぜヤフオクで新規アカウントが嫌われるのか?ですが、大きく分けると3つのパターンがあるのです。ではお伝えしたいと思います。

 

 

f:id:roudoushinai:20190208123516j:plain

新規アカウントのパターン1 ホントに新人

通常のパターンです。ヤフオクに参加したての人です。なぜ、嫌われるのかというとやり取りに手間がかかるからです。ヤフオクは参加しているユーザー層が結構年齢高いです。基本的にはネットでの取引のベテランだったりします。

 

ですので商品説明欄をしっかり読んで落札後のやり取りがスムーズな人を好む傾向があります。ところが最近の新人さんは、落札後に質問を繰り返してくる人が多い。商品説明欄に記載してることを質問してくる。指定してある発送方法以外を希望してくる。

 

このような事で時間をたくさん取られることが多くあるため、新規、新人さんは敬遠される傾向があります。よく考えるとちょっと可哀想ではあるのがこのパターンに当てはまる人ですね。

f:id:roudoushinai:20190208124745j:plain

新規アカウントのパターン2 2度目の新規

最初に作ったアカウントで暴れ放題して、評価が著しく悪くなった。そのため入札の段階で取り消しされたり、ブラックリストに入れられたりとヤフオクにマトモに参加できなくなったため新しくアカウントを作った人です。

 

出品者側としてはいつも目を光らせています。ただ判断するポイントは非常に難しいです。ですので一律入札を削除で対応する人も多くいますね。

 

www.roudoushinai.com

 

 

新規アカウントのパターン3 2個目の新規

本当は同業者なんだけど、同業の出品からも利益を出そうと考える人もいます。その場合メインのアカウントから入札すると同業者だということがバレてしまいます。ですので2個目のアカウントを作成してそちらから入札してきます。

 

同業者からの入札は基本的には嫌です。私はブラックリストへ入れていきますね。

 

こちらは意外と簡単にバレます。どこを見ればいいかというと、同業者なので利益を出すこと考えた上で入札をしてくるので、上限設定しているであろう金額が低いのです。

 

ですので1円出品などの商品に、自分が落札した後転売したら利益が出ると想定できるくらいまでの金額しか入札しない。利益が出るであろう金額の範囲なら同じ商品を複数だろうが入札してきます。このように明らかに一般の人とは違いのある入札をしてくるので、一度チェックしてみましょう。

まずはヤフオクストア出品者と取引しましょう。

新規アカウントを利用する場合は、まずストア出品者との取引で評価の数を増やすことをおすすめします。ストア出品者は入札者を選り好みしません。選ぶのは主に個人(私みたいな)。

 

ですのでストア出品者で評価数を稼ぎ、個人からも安心して取引できそうなアカウントに育ててから、色々な出品者と取引をするのが良いと思います。