ヤフオクの自動延長のメリットとデメリットをそれぞれどうぞ。

ヤフオクの自動延長のメリットとデメリットについて書きますよ!

f:id:roudoushinai:20190116094108j:plain

ヤフオクに出品するからにはできる限り高い金額で落札されたい。

そんなあなたにおすすめの機能がこちら!

 

ヤフオクには自動延長という機能があります。

自動延長というのはヤフオクでの出品商品が終了の時間、5分前から終了前までに入札があり、「現在の価格」が上がった場合に、終了時間が5分延長されるという機能になります。この延長は「現在の価格」が上がればなんども行われます。

 

わたしは自動延長は必ず設定するようにしています。

ただ自動延長を設定しない人もおられますし、自動延長にもデメリットがあります。

15年もヤフオクに参加してるわたしが自動延長を設定しているので、ヤフオクに慣れていない人は、とりあえず自動延長は設定オンにしておいてください。

 

その上でメリットデメリットを比べてみてくださいね。

 

ヤフオクの自動延長をするメリットとは??

自動延長の設定をオンにしておくと、入札者が競い合う限り永遠にオークションの時間が延長され、金額も上がっていきます。延長される5分の間に競い合う人たちがどこまで入札していくか考えるのです。

 

ですので、競い合いが起きるとジリジリと入札金額が上がっていくのを眺めていくことになります。これが非常に楽しいです。自分が想定していた金額を超えたあとの、いったいどこまで上がっていくんだ?っていう感覚は堪りませんね。

 

さらに5分間ずつ終了時間が延長されることで、入札を考えている他の人たちの目に止まる時間も長くなります。2人で入札を競い合っていたのに、突然3人目が現れて、落札していくなんてことも多々あります。

 

オークションらしさを楽しむには自動延長の設定はオンがおすすめです。

 

 

ヤフオクの自動延長をするデメリットは??

入札が競い争われ、金額が上がっていくのは非常にうれしいです。ただこの入札が一体どこまで続くんだってことが起きたりします。それも安い商品だと最低入札金額が10円なのですが、10円入札で5分ずつ延長されて数時間延長されることも。

 

一発で1000円とか入札してしまえば早々に決着すると思うのですが、少しでも安く落札したい人、ソフトを使って入札していて細かく入札してくる人などがいるとこうなってしまいます。ダラダラ感が半端ないです。

 

わたしの場合で10時までには終了している予定の商品が、ある入札者が10円という最低入札価格での入札を繰り返していました。そして毎回自動延長の機能が働き、終了したのは・・・

 

翌日の1時!!

10円ずつの入札であっても、さすがにこれだけの時間入札が繰り返されればそれなりに金額もあがりますが、それにしても長すぎですよねー。

 

わたしとしては・・・・

延長が続きすぎると、待つのはしんどいですが、確実に落札金額はあがってくれます。出品するからには出来る限り高い金額で落札されたいと思いますので、出品の際は自動延長は必ず設定オンにすることをおすすめ致します!