メルカリとヤフオクを楽しもう。

メルカリやヤフオクで稼ぐ方法、楽しむ方法を、ヤフオク歴15年以上の私がお伝えいたします。

ヤフオクでしっかり把握しておくべき事に関する記事まとめ
メルカリ関連で読んで欲しい記事まとめ
メルカリの圏外飛ばし対策
クリックポストの発送に利用している封筒をご紹介します。

メルカリで返品したいと言われた時送料はどちらが?お答えしますよ!

 メルカリで購入者から返品したいと言われたらどうする?

f:id:roudoushinai:20190603003312j:plain

返品したいと言われたよ。どうしよう・・


 

メルカリで商品が売れて、急いで発送もしてそろそろ商品到着する頃だなって思っていたら、メルカリの購入者からメッセージが届きました。

 

「商品を返品したいです。」

 

出品者としてはとても嫌な一言ですよね。こちらに不備があったのであれば、メルカリでは必ず返品の対応をしなければなりません。そしてこちらに不備がない場合であっても状況によっては返品を対応するときもあるかと思います。

 

でもこの時、

「商品を返送してもらう送料とかってどちらが払うの?」

 

当たり前のようにこの事が頭をよぎると思うのです。だってゆうパックとかで発送するような大きな商品だったら1000円近くの負担をすることになりますからね。

 

もちろん100円、200円の小さい金額であってもどちらが送料を負担するのかは大きな問題ではあります。

 

ではメルカリで返品したいと言われた時の送料はどちらが払うのかを、状況に応じてお答えしたいと思います。

 

 

返品したいと言われた商品に不備があった場合。

メルカリへ出品したときの商品説明に書いていなかった不備があり、購入者が返品したい場合は出品者が送料を負担することになります。

 

そして返品する際の発送方法は着払いでしてもらいましょう。

そうしないと返送する時に、購入者が送料を払うことになってしまうからです。商品の金額も安く、発送も定形外でできるものであってもです。

 

郵便局で着払い可能な発送方法はゆうパケットとゆうパックになりますが、一番やすいゆうパケットでも250円から350円の送料と着払いの手数料として21円が別途かかってしまいます。

 

私のおすすめとしては返品したいと言われた商品の金額が安く、返送時の送料を考えるとマイナスになってしまう時は、ただであげちゃいましょう。

f:id:roudoushinai:20190603004057j:plain


 

もちろん購入者へ代金は全額返金しますよ。で商品もあげちゃいましょう。こうすることで無駄に返品したいと言われた商品の送料も払わなくて済みます。

 

さらに商品が希望と違うものであってもただでもらえるのは嬉しいことです。取引自体も円満に終了でき、また次の機会にお客さんになってくれることもあります。

 

 

「今回はご迷惑おかけ致しまして大変申し訳ありませんでした。全額返金の手続きはさせて頂きます。返品希望の商品ですが、返送は結構ですのでもしよろしければそのままお持ちいただければ幸いです。」

 

 

こんな感じのメッセージをしてそのまま商品をあげちゃいましょう。このメッセージをメルカリで丸々使って大丈夫ですので、よければコピペして使ってくださいね。

 

商品に不備がないのに返品したいと言われた時。

こちらが発送した商品に全く問題がないのに、購入者の思ってるものじゃなかったとかの理由で返品したいと言われることもたまにですがあります。その他にも購入者の都合によって返品をしたいと言われた時は、

 

商品を返送するときの送料は購入者に全て負担してもらいましょう。

 

ですので返送時は、こちらが発送した時と同じ発送方法を利用してもらうのいいですね。定形外なら定形外。壊れ物や高額な商品でゆうパックを利用して発送した場合は、ゆうパックを利用して商品を返送してもらいましょう。

 

返品したいと言われた商品が戻ってきて、メルカリへ出品したときと同じ状態かを確認してから返金手続きに入りましょう。返品方法が適当で商品に最初は無かった傷がついて戻ってきたときなどは返金しなくてもいいですよ。

ただちょっとややこしくなりそうな時は、メルカリの運営にしっかり連絡を入れて対応してもらうのがいいですね。

 

 

サイズ違いなどで商品の返品と再発送をする時。

f:id:roudoushinai:20190603010525j:plain

サイズを間違ったよ。

 同じ商品のサイズ違いをメルカリで出品していて、購入者がサイズを間違って購入してしまったときなどです。シャツなどのサイズを間違って購入した。スマホケースの機種を間違って購入した時ですね。

 

この際は返品したい商品を返送する時の送料は購入者負担で返送してもらいます。そして、改めて正しいサイズの商品を再発送するときは着払いで発送して購入者に送料を負担してもらいます。

 

購入者としては、返品の送料と再発送の送料がかかり負担が大きいですが間違って購入したのは本人ですのでしょうがないですね。

 

ただ、再発送にかかる送料が安く、購入された商品でしっかり利益が出ていた場合などは送料を出品者が負担してあげてもいいかもしれません。

 

私もクリックポスト程度(送料185円一律)で再発送できるような商品の場合は、出品者である私が送料を負担する場合もありました。

 

落札者の人からは大変喜んでもらえましたし、丁寧に謝罪もして頂き気持ちよく取引ができたことを覚えています。

 

ですので返品と再発送がある場合は、ケースバイケース。メルカリでの商品の価格や発送方法などと相談しながら考えるようにしましょう。

 

 

メルカリで返品したいと言われた時の送料問題の結論は・・

 

商品に不備があった場合は出品者が送料を負担。

商品に不備がなく、購入者都合の返品の場合は購入者が送料を負担。

 

このように覚えてくださいね。

メルカリでは購入前のコメントはする必要ありません。ですが購入後に返品や不備が出てきそうな商品に関しては事前にコメントでやりとりをして、納得のいった上で購入してもらうようにするべきです。

 

 

www.roudoushinai.com